窯出し

2016041501

Pocatoka Lab.の念願の窯出しです。

個人事業としての”陶器の登記”は1月ですが、実際はもっと早くに制作には取り掛かっていました。

粘土は9割はテラコッタ、あとは白土で作ったものです。

窯詰めの際、びっしり詰めるのに「万が一」隙間ができたらと思い、白土の鉢も持って行きましたが…それでもあと1段はいけたなーっというくらい、たくさん入る電気窯でした。

300近い、ちんまりした手のぬくもり・土のぬくもりが残る素焼き鉢が完成。

2016041503

3鉢、重ねたまとまりが割れてしまいましたが、なんとか無事に焼きあがり。

焼きたての鉢の音に包まれると、とても幸せな気持ちになれるんですよ。

立ち会えるのは陶芸やっている者の醍醐味です。

この形の窯での窯詰め窯出しは、手足が長いと有利です、何かと。

2016041502

関連記事

  1. 小皿 いぶし青銅釉 窯出し
  2. 素焼きに撥水剤かけたもの テストピース(透明釉に外割で添加する)を窯へ。
  3. 71-00 釉薬のテスト

最近の記事

  1. 小皿 いぶし青銅釉
  2. 素焼きに撥水剤かけたもの
  3. sakuracampeye
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ にほんブログ村 美術ブログへ
PAGE TOP