透明釉の配合テスト

39-1

シンリュウさんで購入した材料で調合しました。
〈福島長石:70〉〈福島硅石:10〉〈白石灰:10〉〈亜鉛華:10〉 テストピース2017-039号

焼成条件は、1230℃ OF、電気窯です。
撮影時はグレーカード(18%)、写真とりこみ時はphotoshopで、WBのコントロールはしてあるけど、モニタによっては色味が変わるので、釉薬をレシピ通りに調合してもこのような結果にならないかと思います。
その点、ご了承くださいな。(窯や焼成条件によっても変わりまする)

39-2

貫入が目立ちます。

白土は萩風(ねんどやさん.com経由で買ったもの)で実験。
この角度からみて、下側が厚塗り。
厚塗りの方は貫入が目立つね。
39-3

角度を変えて、てらてら具合チェック。とろんとした表面。

39-4

サイド。

黒土は御影土(細)。土はシンリュウさんで買ったもの。
萩風と同じく、テロンとしています。普段つかっているものより、溶けがいいかもしれない。
濡れた感じです。

39-5

上側は化粧土をかけてあります。

39-6

てらてら具合

39-7

化粧土側からみたサイド

39-8

化粧かけてないほうの、サイド

関連記事

  1. 92-1-768x511 マンガンのこげ茶だったり黒なマット釉の配合テスト
  2. 陶芸の釉薬配合テストピース 変化が面白い派手な結晶釉の配合。

最近の記事

  1. 小皿 いぶし青銅釉
  2. 素焼きに撥水剤かけたもの
  3. sakuracampeye
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ にほんブログ村 美術ブログへ
PAGE TOP